インドで使用される小型の手漕ぎオルガン。 イギリスによるインド統治時代にパイプオルガンの代用品として伝わった後、インド音楽に適したコンパクトな形に変化しました。 インド音楽に使う為の工夫と知恵が散りばめられたとても機能的で美しい楽器です。 キールタンの伴奏や古典音楽など様々な場面で演奏に用いられます。
インドの老舗楽器メーカーDMS社製 3オクターブと1/2、[42鍵盤]。 ドローンレバーの代わりにシュルティボックスが付いています!
シュルティボックスはC~Cの13音 シュルティボックスとしても、ハルモニウムのドローンとしても使える、一人二役な楽器です。 持ち運び用に特化したモデルでふいごが前後に展開するモデル。